キネマ通信ブログ
KAVC公式サイト
KAVC映画ページ

お客様へ

いつもKAVC通信をご覧頂きありがとうございます。こちらのブログを閉鎖いたします。

KAVCキネマ情報はひきつづきKAVC公式HPのcinemaページでご覧頂けます。

(上の緑のボタン『KAVC映画ページ』をクリックして下さい)

今後も、KAVCキネマを宜しくお願い致します。

キネマ通信ブログ

Profile

KAVCキネマ通信

神戸アートビレッジセンターの映画ブログです。映画上映企画・KAVCキネマの耳より情報、こぼれ話映画話などをいち早くご紹介します。


Calendar

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Search in Blog


Recent Entry


Archive


Category


Comment


Track back


RSS feed


Friend form


Management


Access


スポンサーサイト

--------(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タクシデルミア

2008-04-28(Mon) 21:04
テリー・ギリアムのシニカルな哲学的映像ジョーク、ガルシア・マルケスの気の遠くなるような魔術的シュールさ、シュヴァンクマイエルの反骨精神、リンチの詩情・・をミックスさせてさらにハチャメチャにしたダーク・ファンタジー『タクシデルミア』いよいよ神戸公開です。
タクシデルミア!

いわゆる、エロ・グロ・ナンセンスと言ってしまえばそれまでかも知れませんが、ハンパねえ!全ての方向で本気です。よくある「こんな風にあそんでみました」じゃなくて、本気一本。理性では理解出来ない映像ラッシュに、汗はでるわ、さぶいぼでるわ。途中でおりれないジェットコースターに乗せられたように、未開の感覚のなかを突っ走って、少々気持ち悪いんですが、見終わった後は、何故かスポーツの後のような達成感が。
劇場で味わっていただきたい一品です。
5/2まで前売にポップアップがついて来ます(劇場窓口のみ・先着順・限定数)
お早めにGETください!
スポンサーサイト

若松監督来館!

2008-04-27(Sun) 19:04
昨日「実録・連合赤軍―あさま山荘への道程」の初日を記念して、若松孝二監督がKAVCにお見えになりました!。朝10:20という早い時間にもかかわらず、お客様もほぼ満席の会場のなか(皆様ありがとうございます)、約10分間スピーチいただきました。
この作品は各国の映画祭に招待されていて、監督も今回は、南米アルゼンチンから、大阪の講演を経て、神戸にお越しいただきました!
まず、権力側から事件を描いた「突入せよ!あさま山荘」に異議があって撮り始めたことや私財を投げ打った話などから、監督のこの映画に対する覚悟を感じました。日本人が集団になったときの権力構造にもふれ、これは今の空気読むとかいういじめにも繋がるし、(山荘の)彼らだけの特別なものではない、と。この映画が懐古趣味の映画ではなく、現在進行形の青春映画である所以は、監督のそうした洞察にあるのだろうと思います。
そして監督は、その当日に今度は東京での講演会のために風のように去っていかれました。

「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」
4/26(土)~5/9(金)※4/30(水)、5/7(水)休館 10:30
5/10(土)~12(月)10:30/14:00
5/14(水)~5/18(日) 10:30/16:10
※ ゴールデンウィーク中は休館日は変則なのでご注意ください。

ちびとら展:プレゼント

2008-04-24(Thu) 17:32
20080424151303.jpg

↑作業風景:手前のちびとらのパネルはどこに飾られるのでしょう~。

○ファンタスティック!チェコアニメ映画祭開催記念
ヨゼフ・パレチェク新作『ちびとらちゃん』原画とヴィンテージしかけ絵本展
では絵本、DVDなど関連商品3,000以上お買い上げの方に「ちびとらちゃん2008年カレンダー」をもれなく進呈いたします!!!

笑顔のちびとらちゃんとその仲間の虎たちと一緒に、ハッピーな1年を送りましょう!

ちびとら仕込み中

2008-04-24(Thu) 17:27
絵本の殿堂・チェコの『美しい絵本大賞』に何度も輝く、絵本のなかの絵本大将ヨゼフ・パレチェクさん。カラフルで暖かみのある絵は、夢があって、大人も子どもも楽しめます。
そんなパレチェクさんの新作絵本『ちびとらちゃん』の原画を展示いたします!タイガースも開幕好調とあって、展示仕込み作業もはかどります。

今回はチェコのデッドストックしかけ絵本も一緒に展示いたします。とびだす絵本は絵としかけがレトロでキッチュ。しっかりとした作りが年代を超えて<あり続ける>消費されないものとしての存在感がしっかりあります。

ゴールデンウィーク、入場無料ですので、ぜひKAVCにお寄りください。

ちびとら風景

◆ファンタスティック!チェコアニメ映画祭開催記念
ヨゼフ・パレチェク新作『ちびとらちゃん』原画とヴィンテージしかけ絵本展
世界有数の絵本大国チェコの人気作家ヨゼフパレチェクの新作絵本「ちびとらちゃん」の絵本原画19点とチェコで眠っていた貴重なヴィンテージ仕掛け絵本を、日本初公開作品を含めて展示いたします!
日程:2008年4月26日(土)~5月6日(火・祝)30(水)は休館
11:00~20:00(最終日のみ16:00まで)
場所:神戸アートビレッジセンター 1F KAVCギャラリー 入場:無料

シアトリカルな日常

2008-04-21(Mon) 18:42
「シアトリカル 唐十郎と劇団唐組の記録」、5/14(水)より限定レイトショーが決まりました!
ちらしを見て、裏面の「ドキュメンタリーという名のホラー」というコピーに???
ドキュメンタリーなのにホラーって・・・どういうこと?
でも、見るうちにだんだん腑に落ちてくる。
そのわけを綴る前に、被写体となっている唐十郎氏について少し。

64年、若干24歳で「状況劇場」を率い、当局に睨まれながら都内でゲリラ上演を繰り返し、アングラ演劇の四天王に数えられた。
70年代には戒厳令下の韓国、バングラデシュ、シリア、レバノンで現地語でオリジナル作品を上演。
小説家としての顔も持ち、83年「佐川君からの手紙」で芥川賞を受賞。
88年、状況劇場を解散し、「劇団唐組」を旗揚げ。
68歳の今もなお、一線で演劇界と観衆を挑発し続ける奇才。

経歴を見るとかなりいかついものがありますが、
その素顔は意外にも穏やかな好人物・・・
とはいかないのがこの方。
好々爺のような笑みを浮かべていたかと思えば、
リハーサル中の劇団員の何気ない一言にいきなりブチぎれ、泣く子も黙る剣幕で怒鳴り散らす。
と、次の瞬間にはまた元の笑顔に戻る。
でも目は笑っていない。

これが1時間半の間、何度も繰り返されるので、見ているこちらもハラハラしどおし。さあ今度はいつ爆発するのか、そんなこと言ったらまた怒られちゃうよ・・・と気を揉む感覚が、
ホラー映画そっくりなんです。

怒鳴られても、駄目出しされまくってもひたむきに天才・唐十郎を見つめ続ける若い劇団員たち。
人に怒鳴られることなんてあんまりない昨今、ひとつ彼らと一緒に唐さんに怒鳴られた気になってみませんか?
京大西部講堂でのプレミア上映から「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」関西上映が怒濤のごとくすすんでおりまして、いよいよ神戸の公開が来週です!
初日4/26(土)には監督の若松孝二さんが神戸にもお越しいただけることになりました!
朝10:30~の上映前の10:20~舞台挨拶を行います。
皆様是非この機会にお越し下さい!
(受付開始は10時丁度です。)

 「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」
    (2007/日本/カラー/190分/配給:若松プロダクション.)
    企画・製作・監督: 若松孝二
    出演: 並木愛枝、坂井真紀、ARATA、伴杏里 ほか

料金:前売1,500円 当日一般1,700円、当日学生1,300円、シニア1,000円

上映時間:
4/26(土)~5/9(金)※4/30(水)、5/7(水)休館 10:30
5/10(土)~12(月)10:30/14:00
5/14(水)~5/18(日) 10:30/16:10
チェコの絵本・東欧雑貨チェドックさん
http://www.cedok.org/の出張店舗を期間中オープンします!
ヨゼフ・パレチェクさんのデッドストック絵本などチェコの絵本を中心に、不思議かわいい雑貨も少々販売いたします~!
日程:2008年4月26日(土)~5月6日(火・祝)30(水)は休館 
11:00~20:00(最終日のみ16:00まで)
ヨゼフ・パレチェク新作『ちびとらちゃん』原画とヴィンテージしかけ絵本展 会場内において

チェコアニメ映画祭は19日から始まります

食べること=生きること

2008-04-06(Sun) 14:34
何回上映すれば気が済むんだと言われそうですが、
「いのちの食べかた」、4月12日(土)~またまたアンコール上映です。

画面に映るまるで食べ物じゃないように作られる食べ物、
でもわたしたちの食卓に届く頃には、ちゃんと食べ物の顔をしている。
その不思議さが「食べる」という行為を新しい角度から照らし出す。

見逃していた方、これが最後(多分 笑)です!
どうぞ劇場へお運びください。

その「いのちの食べかた」と同期間に、これまた食の問題を扱った
「ファーストフード・ネーション」を上映。
迷宮入りの様相を呈している某ギョーザ事件ばりに、ファーストフード会社の広報部長ドンが、バーガーのパテから大量の大腸菌が発見された食肉工場に赴くところから物語は始まる。
聞き込みをして回るドンの調査と並行して、バーガーショップのアルバイト女子高生、問題の工場で働く不法移民のメキシコ人たちの日常が描かれる。
そこにあった衝撃の実態とは・・・

この「ファーストフード・ネーション」、びっくりなのは出演者の豪華さ。
「リトル・ミス・サンシャイン」の駄目家族っぷりが記憶に新しいグレッグ・キニア&ポール・ダノ、リチャード・リンクレーター監督の盟友として数々の映画に主演してきたイーサン・ホーク、演技派女優パトリシア・アークウェット、人気シンガーのアヴリル・ラヴィーン、カメオ出演でなんと「世界一運の悪い男」も!
是非劇場でご覧下さい。

桜の季節にレウォン効果で

2008-04-02(Wed) 22:04
売れっ子デザイナーの尚美は、仕事はあるが、充実しているようには見えない。「いい歳」なのに、彼氏もそっけない。釜山での商談も高飛車な態度のため、ぽしゃらせてしまうが、そんなこともどうでもいい感じ。そんな彼女が満開の桜の下で出会うのが、“小学校教師のスンウ(キム・レウォン)”。2人の国境を越えた優しく哀しいラブ・ロマンスが…。
疲れた貴女にマイナスイオンのような効果抜群のキム・レウォン。やさしい桜のピンクが似合います!
今回は特別に特典も色々あります。
ご来場お待ちしております!

◆特典◆
◎初日4/12(土)にお越しいただきましたお客様先着100名様にキム・レウォンさんサイン入り写真をプレゼント!
◎本編上映前にキム・レウォンさんのメッセージが入ります。
◎KAVC窓口でご購入の方には特製ポストカード進呈中!(数に限りがございます。お急ぎ下さい)
前売券1400円は上映前日4/11(金)までの販売です。

「花影」(2007/日本/カラー/88分/配給:アステア.)
監督: 河合勇人
出演: 山本未來 、 キム・レウォン 、 石黒賢 、 戸田恵子 、 パク・ジョンス
4月12日(土)~ 4月18日(金)※火曜日休館  上映時間:16:50/18:30

花影特典


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。