キネマ通信ブログ
KAVC公式サイト
KAVC映画ページ

お客様へ

いつもKAVC通信をご覧頂きありがとうございます。こちらのブログを閉鎖いたします。

KAVCキネマ情報はひきつづきKAVC公式HPのcinemaページでご覧頂けます。

(上の緑のボタン『KAVC映画ページ』をクリックして下さい)

今後も、KAVCキネマを宜しくお願い致します。

キネマ通信ブログ

Profile

KAVCキネマ通信

神戸アートビレッジセンターの映画ブログです。映画上映企画・KAVCキネマの耳より情報、こぼれ話映画話などをいち早くご紹介します。


Calendar

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Search in Blog


Recent Entry


Archive


Category


Comment


Track back


RSS feed


Friend form


Management


Access


スポンサーサイト

--------(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画「靖国」、いよいよ今週25日(金)までの上映となりました。
ご存知の通り東京公開に際して一連の騒動があったため、当館でも念のために警備員さんを配置しての上映となりましたが、予想通りと言いますか、混乱などはまったくなく、今のところご来場いただいたお客様全員におかけになってご覧いただいています。
夜の回ですとかなりお席の余裕をもってご覧いただいております。
連日猛暑が続きますが、どうぞ話題の映画をお見逃しのないよう、劇場にお運びくださいね。

さてこうも暑いと、日本は亜熱帯になったんじゃ・・・と心配になってきます。
先日も、とある駅のホームをイニシャルGの生物が闊歩しているのを見てしまい唖然。
おまえは家の中にしかいてはいけないんだ!(それも嫌だけど)と、ひとり怒りに震えました。
生態系が変わってきている?と言ったら大袈裟かもしれませんが、温暖化の影響がこんなところにも。
8月23日から上映の「いま ここにある風景」を前に、身近な体験から環境問題に思いを馳せるのでした(かなり無理矢理?)

「いま ここにある風景」の上映スケジュールは、ページトップのタイムテーブルでご覧いただけます。
スポンサーサイト

「屋根の上の赤い女」特集

2008-07-21(Mon) 16:16
先週、岡太地監督の特集が終わりました。岡監督には、6回上映のうち、結局4回もお越しいただいてしまいました。ありがとうございました。

「屋根の上の赤い女」「放流人間」「トロイの欲情」
本当に作りたい人が作りたい方向につくった作品て、やっぱり面白いなあ!と思った訳です。

東京なんかでも、アップリンクやシネマロサという劇場で、自主映画がロードショー公開されて、しかも、結構お客さまが入っているらしい!
犬(じゃなくて“ワンちゃん”?)が出てれば興収何億円、誰々の曲で、キャストが誰で、原作が当たってるから、というマーケティング映画にちょっと(やっと)飽きてきたのかな?だとすると、映画ももっと楽しくなりますね。

さて、今回の特集
「トロイの欲情」はぱつんぱつんな人は絶対見ておくべきだし、「放流人間」のギリギリさはヒリヒリする。でも追いつめ方が快感。「屋根の上の赤い女」は関西弁の魅力再認識。文具メーカーの倉庫が舞台でこんなにドキドキするなんて。
また関西でも上映があると思いますので、必見ですヨ。

舞台挨拶情報としては、近々短篇を撮られるそう。楽しみですね。

シネマスコープ・ラブ

2008-07-20(Sun) 17:01
今やテレビもワイド画面。昔懐かしい4:3の画面にも味わいがあるけれど、KAVCシアターのスクリーンはシネマスコープサイズが丁度シアター“めいっぱい”。目一杯に画面が楽しめます。
只今上映中の「モンテーニュ通りのカフェ」は“シネスコ”です!
神戸アートビレッジセンターの季刊フリーペーパー「ART VILLAGE VOICE」Vol.54 2008/7~9月分只今配布中です。

フロントはシネマです。
今回は一本の作品ではなく、特集を載せています。
題して「LINKAGE IN THIS AGE」。かっちょいい(?)タイトルをスタッフSが考えました。
意味としては「連鎖する社会」といったところで、
英語的にネイティブ的には、ちょっと「?」らしい(S調べ)んですが、
「地球のために」に代表されるような、ちょっと他人事できれいごとにもしたくなかったのと、「ねばならない系」のように“だれ様”になりたくなかったのを、難しい注文に答えてくれました。
「今、生存している、まさに私たちは、いやおうにもつながっている」といったようなところです。
今、起っていることの片鱗<おそらく>がやっと私たちの身にも降り掛かって来ているのが実感として見えます。原油、格差、温暖化、食品高騰。
たぶん、知ることは楽しいことです。
この夏はKAVCで知るエンターテイメント体験、想像する世界旅行を是非どうぞ。

「おいしいコーヒーの真実」
(2006/イギリス・アメリカ/カラー/78分/デジタル上映/配給:アップリンク)
監督:マーク・フランシス、ニック・フランシス
日時: 8月16日(土)~22日(金)※19日(火)休 13:40
  8月23日(土)~29日(金)※26日(火)休 19:00

「いのちの食べかた」アンコール
(2005/ドイツ・オーストリア/カラー/92分/配給:エスパース・サロウ)
監督:ニコラウス・ゲイハルター
日時: 8月16日(土)~22日(金)※19日(火)休 15:15
  8月23日(土)~29日(金)※26日(火)休 20:30

「いまここにある風景」
(2006/カナダ/カラー/87分/配給:カフェグルーヴ、ムヴィオラ)
監督:ジェニファー・パイチウォル
日時: 8月23日(土)~29日(金)※26日(火)休 12:10
  8月30日(土)~9/5日(金)※9月2日(火)休 13:30

「花はどこへいった」
(2007/日本/カラー/71分/デジタル上映/配給:シグロ)
監督:坂田雅子
日時: 8月23日(土)~29日(金)※26日(火)休 13:50
  8月30日(土)~9月5日(金)※9月2日(火)休 15:10

「1000の言葉よりも 報道写真家ジブ・コーレン」
(2006/イスラエル/カラー/78分/デジタル上映/配給:アップリンク)
監督:ソロ・アビタル 出演:ジブ・コーレン、他
日時: 8月23日(土)~29日(金)※26日(火)休 17:30

「パレスチナ1948 NAKBA」
(2008/日本/カラー/130分/デジタル上映/配給:バイオタイド)
監督:広河隆一
日時: 8月23日(土)~29日(金)※26日(火)休 15:10
  8月30日(土)~9/5日(金)※9月2日(火)休 16:35
本日「ジョイ・ディヴィジョン」3回限定レイトショー最終日です!
貴重な映像、伝説の裏側、名曲の生まれた瞬間の記録を是非ご確認ください。
20:25~です!!
type="application/x-shockwave-flash" width="425" height="344">embed>
公開初日7/12(土)、岡太地監督の舞台挨拶が決定しました!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。