キネマ通信ブログ
KAVC公式サイト
KAVC映画ページ

お客様へ

いつもKAVC通信をご覧頂きありがとうございます。こちらのブログを閉鎖いたします。

KAVCキネマ情報はひきつづきKAVC公式HPのcinemaページでご覧頂けます。

(上の緑のボタン『KAVC映画ページ』をクリックして下さい)

今後も、KAVCキネマを宜しくお願い致します。

キネマ通信ブログ

Profile

KAVCキネマ通信

神戸アートビレッジセンターの映画ブログです。映画上映企画・KAVCキネマの耳より情報、こぼれ話映画話などをいち早くご紹介します。


Calendar

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Search in Blog


Recent Entry


Archive


Category


Comment


Track back


RSS feed


Friend form


Management


Access


スポンサーサイト

--------(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変!チェンジKAVC!?

2008-12-30(Tue) 23:43
毎度ご愛顧いただきありがとうございます。
2008年もKAVCキネマは約100本の映画を上映させていただくことが出来ました。
つつましい上映環境ながら、ご鑑賞いただける皆様のおかげです。
2008年は例年に増して暗い話題が多かったように思います。
自然現象、環境問題、社会不安、政治不信。
そんな中、たかが映画。されど映画。
数ある娯楽のひとつかもしれませんが、厳しい状況の中での一服の楽しみ?、世界を知るきっかけ?、暗闇の中で体験するたった2時間ですが、KAVCキネマは、ささやかながらも上映を通して何をご案内出来るかをさらに考えていければと思っております。
映画はお客様に観ていただいてはじめて完成するものだと思います。
2009年もまた、数々の話題作問題作をご用意しております。画と音と時間の未知との遭遇をご一緒いただければ幸いです。
2009年も皆様にとってかけがえのない年になりますよう、お祈りしております。
新年は1/10から上映が始まります。またのお越しをお待ちしております。
スポンサーサイト
父も息子も、母も娘も、それぞれ自分の人生を生きていて、息子の父や 父の息子であるだけではない。頭ではわかっていても、相手にはその親であり、その子供である事を望んでしまう。
人が生まれるということは、運命と言ってしまえばそれまでだけど、本人では如何ともしがたいものを纏っている。国であり、親であり。

その納得出来ない政治や社会情勢の制約や、親や子という役割の中で、自分らしく生きるために人はもがく。
ドイツの俊英ファティ・アキンの新作が届きました。

今の日本では想像しにくい状況かもしれないけれど、ヨーロッパの、第二次大戦の敗戦国の影をひきずるドイツの今で、かつては欧亜が交錯するエキゾチシズムで名を馳せ、その反面、民族や宗教の問題をかかえ、EU加盟を果たせずにいるトルコという2つ国の現実であって、おそらく、それは境界があるところには全てに当てはまっておかしくない現実。

そんな現代情勢を冷静に残酷に見つめつつ、国境や、偏見という線を越えるということの強さと悲しみを、その人らしく生きようとする姿を通して峻烈に描く「そして、私たちは愛に帰る」。 行動できる人は素晴らしい。受け入れる人もまた素晴らしい。

生まれたことは運命。ただし、その後は、自分の意志で、自分の足で歩いていく。
そして、帰るところは、皆、あるのです。
アートビレッジセンターでは2月公開の感動作です。お見逃しなく~。

余談で言うと、今の日本にはその国境の感覚や大戦の記憶が鈍っているように思えます。
 鈴木清順など大物とタッグを組んできた美術監督の木村俊夫さんが、90歳にして自伝的映画「夢のまにまに」を初監督。
 認知症の妻を介護しながら、映画学校の校長を勤める木室。桜の頃のそわそわして落ち着かない空気のせいなのか、戦後の混乱期の思い出をよく夢に見る。特に場末の酒場に似合わない清廉な雰囲気のおかみのこと。彼女への仄かな思いを諦めたあと、木室は今の妻と結婚したのだった。
 いっぽう学校では、才能がありながら精神的に不安定な生徒・村上が気にかかる木室。村上を励まし続ける木室だが、事態は暗転していく・・・
 なんと言っても見どころは、木村監督を慕って集合した豪華な俳優陣!有馬稲子、宮沢りえ、永瀬正敏、上原多香子、桃井かおり等々、ふとしたところにびっくりするような配役で、楽しませてくれます。
 主人公の木室には、自身も女優の南田洋子さんを自宅介護している長門裕之。監督の写し身かと思うほどぴったりはまる役柄を、思い入れたっぷりに熱演しています。
 どうぞお見逃しなく。


「夢のまにまに」1/10(土)~16(金) 朝10:30より

前売特典情報

2008-12-13(Sat) 15:28
劇場窓口で前売り券をお買い上げいただいた方にプレゼントしている、前売り特典。
本当にいろんな趣向がこらされていて、見ていて面白いですよ。

「未来を写した子どもたち」
本物の切手が前売特典です
未来

「ベルリン・フィル~最高のハーモニーを求めて」「帝国オーケストラ」
ベルリンフィル公式(笑)ボールペン ベルリンフィルのロゴ入り
ベルリン

「俺たちに明日はないッス」
イタい青春にぴったりのばんそうこう
俺たち

「シェルブールの雨傘」「ロシュフォールの恋人」
なんと、2作品券?2000をお買い上げの方に、このめっちゃかわいいB4版ポスターを2枚ともプレゼント!(1作品券?1400をお買い上げの方にはどちらか1枚)
相当お買い得ですよ~
ドヌーブ


どれも先着順・限定数ありのプレゼントですので、お早めにどうぞ。
(「シェルブール」「ロシュフォール」以外の前売り券はすべて?1400)
2008:12:12
本日より、JRの西口改札の下のブルーウェーブショップさんにて、前売券(機械発券でないもの)を取扱していただけるようになりました!!
三宮の駅近でとっても便利ですので、是非ご利用くださいね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。