キネマ通信ブログ
KAVC公式サイト
KAVC映画ページ

お客様へ

いつもKAVC通信をご覧頂きありがとうございます。こちらのブログを閉鎖いたします。

KAVCキネマ情報はひきつづきKAVC公式HPのcinemaページでご覧頂けます。

(上の緑のボタン『KAVC映画ページ』をクリックして下さい)

今後も、KAVCキネマを宜しくお願い致します。

キネマ通信ブログ

Profile

KAVCキネマ通信

神戸アートビレッジセンターの映画ブログです。映画上映企画・KAVCキネマの耳より情報、こぼれ話映画話などをいち早くご紹介します。


Calendar

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Search in Blog


Recent Entry


Archive


Category


Comment


Track back


RSS feed


Friend form


Management


Access


スポンサーサイト

--------(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 正直ホラー映画はまったくの門外漢、ほとんど見たことがないのですが(「シャイニング」は好きです。でもあれホラーじゃないか)、ダリオ・アルジェントは有名ですよね!娘アーシア・アルジェントのお父さんとして。
 というのは冗談で、カルト的な人気を誇るホラー映画界の巨匠とは知っていました。最新作「サスペリア・テルザ 最後の魔女」で、独特の美意識の炸裂っぷりを目にして、いろんな意味でショック状態。殺人シーンのこれでもかというスプラッタぶりをシネスコで見せるとことか(笑)こだわってる・・・のか?
 ただ流血量はすさまじいですが、CG製モンスター全盛の昨今にあって、あくまで生身の人間の肉にこだわった描写は牧歌的な印象すら。もちろん生理的にはかなりきついんですけど。
 エグいシーンがあるかと思えば、何となくズレた笑いを醸したりもしてます。アーシア演じる主人公が戦う魔女の手先が、日本人だったりするんですよ。あの世界観の中で日本語を聞くのは貴重な体験かと。「いま必要か!?」という美女たちのサービスショットが多いのも可笑しい。

 「サスペリア」「インフェルノ」に続く魔女三部作の完結編、どうぞお見逃しなく!

mother_tears_2_1b_convert_20090513214409.jpg
(2007/イタリア=アメリカ/98分/キングレコード)

☆上映期間・時間はページトップのタイムスケジュールでご確認ください
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kavccinema.blog74.fc2.com/tb.php/101-a685c042



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。