キネマ通信ブログ
KAVC公式サイト
KAVC映画ページ

お客様へ

いつもKAVC通信をご覧頂きありがとうございます。こちらのブログを閉鎖いたします。

KAVCキネマ情報はひきつづきKAVC公式HPのcinemaページでご覧頂けます。

(上の緑のボタン『KAVC映画ページ』をクリックして下さい)

今後も、KAVCキネマを宜しくお願い致します。

キネマ通信ブログ

Profile

KAVCキネマ通信

神戸アートビレッジセンターの映画ブログです。映画上映企画・KAVCキネマの耳より情報、こぼれ話映画話などをいち早くご紹介します。


Calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Search in Blog


Recent Entry


Archive


Category


Comment


Track back


RSS feed


Friend form


Management


Access


スポンサーサイト

--------(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、「北辰斜にさすところ」の舞台挨拶がありました!(ご報告遅くなってごめんなさい)
大阪で弁護士をされているという異色の製作、廣田稔さんと、講談師の太平洋さんのお二人にお越しいただきました。
当日、椅子を急遽倍近く増やして、なんとか皆様にお座りいただいた程多くの方にご来場いただき、熱気むんむんの中、短い時間でしたが、この作品にかける意気込みをお伺いしました。
「今日観られたことを、お子様にでもお孫さまにでも語り継いでもらいたい」ということでした。また、制作にあたっての決起集会が神戸であったんですねー知りませんでした。
この映画は旧制高校の青春と、“戦争”がいかにその青春に影を落としたかが描かれます。鹿児島大学の前身である“七高”の野球部のエース上田勝弥。“五高”との因縁の対決の100周年の記念試合が、同じくその後進である熊本大学との間で行われようとしていました。因縁対決に燃えるOBのおじいたちを他所に、しょうがなく参加している現代の野球部の連中も、やがて、真剣に試合に挑むことになります。
現代まで繋がる伝統を軸に、旧制高校時代の、バンカラ、寮での奇襲、ろうそくの灯での勉強、ガリ勉というだけではなく、本当に世の中のことを考え、世の中のためになろうとしていた“真のエリート”たちの姿が描かれます。
一緒に来ていただきました太平洋さんは、関西ではただ一人の“旭堂”名ではない講談師さんです。今回の「北辰斜にさすところ」を講談にして聞かせていただけるということです。映画の始まりでしたので、今回はさわりだけで“あとは観てのお楽しみ”となってしまいました。

神戸ではあと、26(水)、27(木)、28(金)のそれぞれ10:30~の上映です。感動作です。お見逃しなく!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kavccinema.blog74.fc2.com/tb.php/20-79598b4c



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。