キネマ通信ブログ
KAVC公式サイト
KAVC映画ページ

お客様へ

いつもKAVC通信をご覧頂きありがとうございます。こちらのブログを閉鎖いたします。

KAVCキネマ情報はひきつづきKAVC公式HPのcinemaページでご覧頂けます。

(上の緑のボタン『KAVC映画ページ』をクリックして下さい)

今後も、KAVCキネマを宜しくお願い致します。

キネマ通信ブログ

Profile

KAVCキネマ通信

神戸アートビレッジセンターの映画ブログです。映画上映企画・KAVCキネマの耳より情報、こぼれ話映画話などをいち早くご紹介します。


Calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Search in Blog


Recent Entry


Archive


Category


Comment


Track back


RSS feed


Friend form


Management


Access


スポンサーサイト

--------(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おそいひと

2008-05-18(Sun) 15:56
障害者は皆いい人。
というのもまた偏見だ、という過激なテーマで、海外の映画祭でも絶賛されている本作。主人公の重度身体障害者・住田を演じるのは、自身も障害を持つ住田雅清さん。

ストーリーは住田の元に、女子大生のノブコが介護体験にやってくるところから始まる。一緒に外出したり、トーキングエイドで話をしたりするうちにノブコに好意を持つ住田。しかし介護者のタケがノブコと接近するのを見て嫉妬を覚えた住田はある行動に出る。
そして自分より勝っている、力があると思い込んでいる健常者を屈服させる快感を知ったとき、住田は・・・。

怖い映画です。でも説教臭さがなく、純粋に楽しめる。
圧巻なのはWorld's End Girlfriendによる音楽。映画の世界観を体現しているだけでなく増幅させています。
モノクロ映像と大音量ノイズに絡む美しいメロディは、きっと見る人にカタルシスをもたらすことでしょう。

KAVCでは、大音量でのデジタル上映と、通常音量での35mm上映を半々で。
(※6/14(土)上映終了後、柴田剛監督と主演の住田雅清さんによる舞台挨拶!!(予定))

6/14(土)~16(月)英語字幕付き大音量デジタル上映
6/18(水)~20(金)ノーマル音量35mm上映
ともに20:30のみ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kavccinema.blog74.fc2.com/tb.php/36-2046db70



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。