キネマ通信ブログ
KAVC公式サイト
KAVC映画ページ

お客様へ

いつもKAVC通信をご覧頂きありがとうございます。こちらのブログを閉鎖いたします。

KAVCキネマ情報はひきつづきKAVC公式HPのcinemaページでご覧頂けます。

(上の緑のボタン『KAVC映画ページ』をクリックして下さい)

今後も、KAVCキネマを宜しくお願い致します。

キネマ通信ブログ

Profile

KAVCキネマ通信

神戸アートビレッジセンターの映画ブログです。映画上映企画・KAVCキネマの耳より情報、こぼれ話映画話などをいち早くご紹介します。


Calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Search in Blog


Recent Entry


Archive


Category


Comment


Track back


RSS feed


Friend form


Management


Access


スポンサーサイト

--------(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グランド・ホテルへようこそ

2008-06-26(Thu) 15:44
6月の怒濤のような(KAVCらしい?)上映も本日で終わり。どんより天気が多い中いらしてくれた皆さん、どうもありがとうございました。
未見だった「非現実の王国で ヘンリー・ダーガーの謎」を滑り込みで見ましたが、グロテスクと美しさは紙一重ですね。というか、美というのは常にグロテスクを孕むものなのか・・・。
動物の角や蝶の羽を持った子供たちが集うユートピアと、はらわたを見せた死体が散乱する戦場は、どちらもがダーガーの心象風景でしょうか。あれほど極端ではないにしろ、相反する世界が誰の内にも存在するのかもしれないと思わされました。

さて、7月の話題。
「グランド・ホテル形式」の映画、「モンテーニュ通りのカフェ」と「パーク アンド ラブホテル」が同時期に上映されます。ホテルを舞台に繰り広げられる群像劇「グランド・ホテル」にちなんで、ひとつの場所を介して人間模様を描く手法をこう呼びますね。

「パーク アンド ラブホテル」の舞台は、ホテルはホテルでもラブホテル。しかも屋上に遊具まで備えた公園がある、ちょっと変わったラブホ。愛想はないけど本当は優しいオーナーの艶子と、ホテルに集う問題アリな女たちとの一瞬の心の触れあい。艶子役のりりィさん、メイクダウンしてますが本当は綺麗なのよオーラが滲み出てます。毎回違った男とホテルに来る謎の客のまりか役は、「京阪のる人・・・」のCMでおなじみ、三代目おけいはん神農幸。ちなみに彼女は同時期上映の「屋根の上の赤い女」のヒロイン。ますます活躍が期待される女優さんです。

こちらはホテルが舞台ではないものの、カフェをジャンクションに繰り広げられる「モンテーニュ通りのカフェ」。モンテーニュ通りはあらゆる一流メゾンが店を構えるパリきってのハイソなエリア(旧居留地のスケール大きい版?)。通りの先にはエッフェル塔がそびえます。上京したてのジェシカは、一流のものに囲まれていなさいという祖母のはなむけの言葉に従って、モンテーニュの名物カフェで働くことに。劇場やオークションハウスに囲まれたそのカフェは、業界人や名士が出入りして華やかな雰囲気。でもお客はそれぞれに事情や悩みを持っている。ジェシカはテーブルからテーブルへ飛び歩くギャルソンをこなしつつ、皆の間を行き来してちょっとずつ気持ちを繋いであげます。フランス映画らしい、小粋なスイーツを思わせる映画です。

両作品のスケジュールはページトップのタイムテーブルでご確認ください。

ではではしばらく映画はお休みですが、7月も是非劇場へお運びくださいね。

モンテーニュ3(縮小)
「モンテーニュ通りのカフェ」
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kavccinema.blog74.fc2.com/tb.php/43-a87f1d63



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。