キネマ通信ブログ
KAVC公式サイト
KAVC映画ページ

お客様へ

いつもKAVC通信をご覧頂きありがとうございます。こちらのブログを閉鎖いたします。

KAVCキネマ情報はひきつづきKAVC公式HPのcinemaページでご覧頂けます。

(上の緑のボタン『KAVC映画ページ』をクリックして下さい)

今後も、KAVCキネマを宜しくお願い致します。

キネマ通信ブログ

Profile

KAVCキネマ通信

神戸アートビレッジセンターの映画ブログです。映画上映企画・KAVCキネマの耳より情報、こぼれ話映画話などをいち早くご紹介します。


Calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Search in Blog


Recent Entry


Archive


Category


Comment


Track back


RSS feed


Friend form


Management


Access


スポンサーサイト

--------(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

谷川俊太郎さんが

2008-09-17(Wed) 11:42
超大物ゲストの来館が決定しました!
日本を代表する詩人の、谷川俊太郎さんです。


今回はなんと映画監督としての舞台挨拶。「写真映画 ヤーチャイカ」という映画を、覚 和歌子さん(「千と千尋の神隠し」主題歌を作詞者)と共同監督されたのです。

思えば小学生のころ、初めて買った詩集は谷川さんの「これが私の優しさです」でした。技巧的なことや、小学生にはちょっとセクシーな比喩(笑)は理解できないながらも、文字通り谷川さんの「やさしい」言葉で書かれた詩には強い印象を受けました。
かの詩人を間近で見られるなんて、と今から興奮しきりです。

さて、「ヤーチャイカ」。
天文台で働く女は、恋人を亡くした心の傷を癒せないでいる。町に立ち寄った旅の途中の男は、社会との関わりを避け続けている。
2人が出会ったとき、少しずつ彼らの中の何かが変わって行く。

いっぷう変わっているのは、この映画が静止した写真画像の積み重ねでできていること。
ふつう映画は、静止画が絶え間なく連続することで動いて見えますよね。「ヤーチャイカ」ではその錯覚が起こりません。ときには一枚の写真が数秒も静止していたりします。詩の行間に意味を読み取るのにきっと似ていますね。
まさに「映像詩」、体感してみてください。

谷川俊太郎氏舞台挨拶:10/17(金)20:40から(映画終了予定22:00)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kavccinema.blog74.fc2.com/tb.php/52-6ea302c5



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。